やねだんドキュメンタリー番組

アイデアと工夫、そして集落をあげた結束で、「限界集落」「過疎・高齢化」などの逆境をはねのけ続ける「やねだん」の、笑いと感動の12年をつづりました。

 本編59分

<番組内容>
鹿児島県鹿屋市の柳谷集落、愛称「やねだん」は、人口300人、うち65歳以上が4割。
どこにでもあるような、さびれゆく過疎高齢化の集落でした。
ところが、10年ほどで“地域再生のお手本”として、全国から注目される集落に変貌したのです。

「やねだん」がめざしたのは“行政に頼らない地域再生”。集落で労力や経験を提供しあって、
独自の商品開発で自主財源を増やし、福祉や教育を自ら充実させていきました。

そして、自主財源が増えた結果、集落の全世帯にボーナスが配れるほどに!
逆境を逆手にとる愉快な発想、したたかなビジネス感覚、人の和の底力、
リーダーの苦労と献身、そして住民の笑顔。

この番組は、地方のある小さな集落が再生を果たした12年の記録です。

 

詳細はこちら(MBC南日本放送さん)